FOODNEKO サービス利用約款

(会員用約款)

第1条(目的)

本約款は、株式会社ダブリュービージェー(以下、「当社」といいます。)が提供するアプリ及びウェブサービスである「FOODNEKO(フードネコ)」の利用に関連し、当社と会員との間でサービスの利用条件及び手続き、権利などの事項を規定することを目的とします。

第2条(用語の定義)

本約款で使用する用語の意味は、次の通りです。

  1. 「FOODNEKO(フードネコ)」とは、会員が事業主から商品を注文・配達させることができるようにする配達アプリケーションで、当社がコンピュータなどの情報通信設備を利用して財貨などを取引できるように設定し、会員に提供するサービスプラットフォームを意味します。
  2. 「サービス」とは、事業主が店舗及び商品に関する情報を公開し、会員が FOODNEKOを利用して事業主に注文できるよう、当社が提供するアプリ基盤の配達仲介サービスのことをいいます。サービスは、当社の内部ポリシー又は約款の変更により詳細内容が随時変更されることがあります。
  3. 「商品」とは、事業主が会員に対して販売する飲食等の商品の通称です。
  4. 「会員」とは、サービスを利用するために本約款に同意し、個人情報の提供に同意し、登録を申請した者のうち当社が登録申請を承認した者をいいます。
  5. 「パスワード」とは、会員の同一性確認、権益及び秘密保護のために会員自らが設定し、アプリ内に登録した文字及び数字等の組み合わせをいいます。
  6. 「掲示内容」とは、会員がサービスを利用するにあたり、サービス上に掲示した符号・文字・音声・音響・画像等の情報形態の文章、写真、動画及び各種ファイルとリンク等を意味します。
  7. 「事業主」とは、当社が提供するサービスを利用して商品に関する情報公開、販売(調理及び配達)する主体をいいます。

第3条(約款の明示及び改正)

  1. 当社は、会員が容易に確認できるよう、本約款を FOODNEKO(フードネコ)に掲示します。
  2. 本約款は、当社が随時改定できるサービス利用のポリシー・ルールを内容として含むものであり、会員は、本約款及び利用ポリシー・ルールに同意します。当社は、約款を改定する場合、適用日及び改定理由を明示し、適用日の7日前から適用日の前日まで FOODNEKO(フードネコ)に通知します。ただし、会1.に約款内容を変更する場合は、相当な猶予期間を置いて通知することとします。この場合、当社は、改訂前と改訂後の内容を、会員に分かりやすいように表示します。
  3. 会員は、変更された約款に同意しない権利があり、同意しない場合はサービスの利用を中断し、退会を求めることができます。ただし、当社が別途告知した約款改訂告知期間内に、当社に改訂約款に同意しないという明示的な意思表示をしない場合は、変更された約款に同意したものとみなします。

第4条(関連法令との関係)

本約款で定めていない事項は、関連法令の規定と一般的な商慣習に基づきます。

第5条(サービスの提供及び変更)

  1. 当社は、次のようなサービスを提供します。
    1. 商品についての配達仲介プラットフォームサービス
    2. 商品についての注文仲介等サービス
    3. 配達代行サービス
    4. 位置情報サービス(配達場所の位置情報を収集し、配達可能事業主を表示するサービス)
    5. その他当社が定めるサービス
  2. 当社は、運営上・技術上の必要に応じて提供しているサービスの全部又は一部を変更又は中断することができます。
  3. サービスの内容、利用方法、利用時間について変更又はサービスの中断がある場合には、当該サービスの内容及び事由並びに日付などを、会員が十分に認識できる方法により事前に通知します。

第6条(サービスの利用時間及び中断)

  1. 当社は、本サービスに関して、事業主の営業終了等、当社の帰責事由によることなく、本サービスの利用と直接的に関連のない事由等により商品の販売が不可能な場合について、責任を負いません。
  2. 当社は、サービスの円滑な遂行のために必要な期間を定めて事前にお知らせし、サービスを中止することができます。ただし、やむを得ず緊急の措置を必要とする場合は、事後に通知することができます。
  3. 当社は、コンピュータ等の情報通信設備の保守点検·交換及び故障、通信途絶等の事由が発生した場合には、サービスの提供を一時的に中断することができます。
  4. 当社は、本条の規定による理由でサービスが中断された場合、それによる会員のいかなる損害に対しても賠償する責任を負いません。

第7条(利用契約の成立)

  1. 利用契約は、会員になろうとする者(以下、「登録申請者」という。)が約款及び利用政策の内容に同意し、当社が定める登録様式に基づいて会員情報の記入及び会員登録申請をした場合、当社が当該申請に対して承認することで締結されます。
  2. 当社は、次の各号に該当する会員登録申請に対しては、承認をせず、又は事後に利用契約を解約することができます。
    1. 登録申請者がこの約款により以前に会員資格を喪失したことがあるとき
    2. 登録申請者が未成年者である場合
    3. 当社が実名確認手続を実施する場合、会員の実名登録申請が事実でないことが確認された場合
    4. 登録内容に虚偽の情報を記載し、又は記載漏れ、誤記がある場合
    5. すでに加入している会員と電話番号やメールアドレスが同一の場合
    6. 不正な用途又は営利を追求する目的で本サービスを利用しようとする場合
    7. その他、本約款に違反し、また、違法または不当な利用申請であることが確認された場合及び当社が合理的な判断により必要だと認める場合
  3. 第1項の規定による申請において、当社は、会員に、専門機関による実名確認及び本人認証を要請できます。
  4. 当社は、サービス関連設備の余裕がないか、技術上又は業務上の問題がある場合には、承諾を留保できます。
  5. 会員は、会員登録の際に登録した事項に変更がある場合、相当な期間以内に当社に対し会員情報の修正を通知する等の方法により、その変更事項を通知しなければなりません。
  6. 会員は、会員登録時に登録したメールアドレス又は電話番号に、当社が、サービス利用のための情報についてメール又はメッセージを送信できることに同意します。本項によるサービス利用のための情報には、マーケティング、広告情報を含み、仮に会員がマーケティング、広告情報に限りメール又は携帯メールの受信を希望しない場合、いつでも当社に送信中断を要請することができます。ただし、サービスの利用に必須の情報(注文関連情報など)の場合には、送信中断要請が制限されます。
  7. 会員は、前項によるマーケティング、広告情報の受信中断を要請する場合、サービスの利用に制限があることに同意します。

第8条(利用契約の終了)

  1. 会員による解約
    1. 会員は、いつでも当社に解約の意思を通知することにより、利用契約を解約することができます。
    2. 当社は、第1号に基づく会員からの解約申入れに対し、特別な事情がない限り、これを直ちに処理します。
    3. 会員が契約を解約する場合、会員が作成した掲示物は削除されません。
  2. 当社による解約
    1. 当社は、次のような事由がある場合、利用契約を解約することができます。この場合、当社は会員に電子メール、電話、ファックス、その他の方法により解約事由を明らかにし、解約の意思を通知します。ただし、当社は、当該会員に対し、解約事由について意見陳述の機会を付与することができます。
      1. イ 利用契約の承諾拒否事由があることが確認された場合
      2. ロ 会員が、当社又は他の会員その他他人の権利又は名誉、信用その他正当な利益を侵害する行為をした場合
      3. ハ その他会員が、本約款及び当社のポリシー・ルールに反する行為をし、又は本約款で定めた解約事由が発生した場合
      4. ニ 1年以上サービスを利用した履歴がない場合
    2. 利用契約は、当社が解約の意思を会員に通知することにより終了します。

第9条(会員のID及びパスワードに対する義務)

  1. IDとパスワードに関する管理責任は、会員にあります。
  2. 会員は、自分のID及びパスワードを第三者に利用させてはなりません。
  3. 会員が自分のID及びパスワードを盗難され、また第三者が使用していることを認識した場合、直ちに当社に通報し、当社の措置がある場合は、それに従わなければなりません。
  4. 会員が第3項の規定による通知をせず、当社の措置に応じないことにより発生する全ての不利益に対する責任は、会員にあります。

第10条(会員の義務)

  1. 会員は、関係法令及び本約款の規定、当社のポリシー・ルール、利用案内等当社が通知又は告知する事項を遵守しなければならず、その他当社の業務を妨害する行為をしてはなりません。
  2. 会員は、サービス利用と関連し、次の各号の行為をしてはなりません。
    1. サービスの申請または変更時、虚偽の内容の登録
    2. 当社に掲示された情報の、許可を受けていない変更
    3. 当社が定めた情報以外の情報(コンピュータプログラム等)の送信又は掲示
    4. 当社または第三者の著作権等、知的財産権に対する侵害
    5. 当社又は第三者の名誉を傷つけ、又は業務を妨害する行為
    6. わいせつまたは暴力的なメッセージ、画像、音声、その他公共秩序の美風良俗に反する情報を、サービスに公開または掲示する行為
    7. カスタマーセンターの相談内容が悪口、暴言、セクハラ等に該当する行為
    8. 虚偽の注文、虚偽のレビュー作成などを通じてサービスを不正な目的で利用する行為
    9. 自分のID、PWを第三者に譲渡し、又は貸与する等の行為
    10. 正当な事由なしに当社の営業を妨害する内容を記載する行為
    11. リバースエンジニアリング、コンパイル、ディスアセンブル及びその他一切の加工行為を通じてサービスを複製、分解、または模倣その他変形する行為
    12. 当社のサーバーに過負荷を起こすなど、特定のプログラムを使用してサービスを妨害する行為
    13. その他関係法令に違反すると判断される行為
  3. 当社は、会員が本条第2項の禁止行為をした場合、本約款第12条に基づき、サービス利用制限措置をとることができます。

第11条(会員の掲示内容)

  1. 会員がアプリ内に作成した掲示内容に対する著作権及びすべての権利は、これを掲示した会員にあります。ただし、当社は、会員が掲示し、又は登録する掲示物が次の各号に該当すると判断される場合、当該掲示物を事前通知することなく削除又は一時的なマスキング措置することができます。
    1. 他の会員又は第三者を誹謗し、又は名誉を傷つける内容であるとき
    2. 公共秩序及び公序良俗に違反する内容であるとき
    3. 犯罪的行為に結びつくと認められるとき
    4. 当社の著作権、第三者の著作権等その他の権利を侵害する内容である場合
    5. サイト及び掲示板にわいせつ物を掲載し、又はわいせつサイトをリンクする場合
    6. 当社から事前承認を受けていない商業広告、販促内容を掲示した場合
    7. 正当な事由なしに当社または事業主の営業を妨害する内容を記載した場合
    8. 自らの店舗を広報する目的で、直接または第三者(レビュー代行業者等)を通じて、違法・不当な方法で虚偽または誇張された掲示文を掲載した場合
    9. 虚偽注文または注文取り消し等違法・不当な方法でレビュー権限を獲得し、会員または第三者のアカウントを利用して掲示内容を掲示する場合
    10. 関係法令に違反すると認められるとき
    11. その他の当社のサービス約款、運営ポリシー等の違反行為をする恐れがあるか、違反行為をした場合
  2. 会員が、アプリ内で作成し掲示されたレビューを、無断転載・無断利用することを禁止します。
  3. 会員は、レビューを掲示した時点で、当該レビューの国内外における複製、公衆送信、頒布、翻訳、翻案等、一切の知的財産権(当社から第三者に対する再使用許諾も含みます。)を、当該著作権の存続期間の満了日まで、当社に対して無償で利用することを許諾したものとみなします。

第12条(利用制限等)

  1. 当社は、会員が本約款の義務を違反し、又はサービスの正常な運営を妨害した場合、注意、警告、一時停止、永久利用停止、契約解約等の措置を直ちにとり、又は利用を制限することができます。 利用制限の条件及び詳細については、当社の内部方針に従います。
  2. 会員は、本条による利用制限等について、当社が定める手続に従い、異議申立てができます。当該異議が正当であると当社が認めた場合、当社は直ちにサービスの利用を再開します。
  3. 本条に基づき、利用が制限された場合、サービスの利用によって獲得した特典等もすべて利用中断または消滅し、当社はこれに対して別途の補償をいたしません。
  4. 日本法上未成年者に該当する者の場合、会員登録及びサービスの利用が制限されます。未成年者に該当する者が任意で会員に登録したり、サービスを利用して商品を注文したりする等の行為を行った場合、当社は会員登録を取り消し、または注文取消し等の措置をとることができ、これにより発生した損害に対して責任を負いません。

第13条(権利の帰属)

  1. サービスに関する著作権及び知的財産権など、その他すべての権利は、当社に帰属します。ただし、会員の掲示内容及び事業主に帰属する著作物等は除きます。
  2. 当社が提供するサービスのデザイン、当社が作ったテキスト、スクリプト、グラフィック、会員相互間の転送機能等、当社が提供するサービスに関連するすべての商標、サービスマーク、ロゴ等に関する著作権その他の知的財産権は、大韓民国、日本及び外国の法令に基づき当社が保有し、又は当社に所有権又は使用権があります。
  3. 会員は、情報取得または個人用途でのみサービスを利用できます。
  4. 会員は、明示的に許諾された内容を除き、サービスを通じて得られる情報を営利目的で使用、コピー、流通させることを含め、当社が作成したテキスト、スクリプト、グラフィックの会員相互間の送信機能等を複製し、又は流通させてはなりません。
  5. 当社は、サービスと関連して、会員に対し、当社が定めた利用条件に基づき、アカウント、ID、コンテンツ等を利用できる利用権のみを付与し、会員は当社を利用することにより得た情報を、当社の事前承諾なく複製、送信、出版、配布、放送等その他の方法により営利目的で利用し、又は第三者に利用、譲渡、販売、担保目的で提供してはなりません。

第14条(会員に対する通知)

  1. 当社が会員に対する通知を行う場合、会員が登録申請した際に当社に提出したメールアドレスや携帯電話番号等に行うことができます。
  2. 当社は、不特定多数の会員に対する通知の場合、1週間以上サイトに掲示することで個別の通知に代えることができるものとします。

第15条(当社の義務)

  1. 当社は、関連法と本約款が禁止し、又は公序良俗に反する行為をせず、継続的かつ安定的にサービスを提供するために最善を尽くして努力します。
  2. 当社は、会員が安全にサービスを利用できるよう、個人情報(信用情報を含む)保護のためにプライバシー・ポリシーを定めて公示し、これを遵守します。
  3. 当社は関連法令が定める義務事項を遵守します。

第16条(割引クーポン)

  1. 割引クーポンは、当社のイベントプロモーションへの参加、事業主の発行、当社のポリシーに基づく条件別付与等を通じて会員に支給され、具体的な事項は、個別案内事項を通じてご確認いただけます。
  2. 割引クーポンは、現金での払戻しはできず、割引クーポンに表示されている有効期間が満了するか、利用契約が終了すると消滅します。
  3. 当社は、会員が不正な目的や方法で割引クーポン等を獲得し、又は使用する事実が確認された場合、当該会員に対する割引クーポンを回収又は消滅させ、又は会員資格を制限することができます。
  4. 割引クーポンの提供内容及び運営方針は、当社の方針により異なることがあります。

第17条(個別情報保護)

  1. 当社は、会員の個人情報を保護するために個人情報保護法等の関係法令及びガイドラインが定めるところを遵守し、プライバシーポリシーを樹立し、開示します。当社は、関係法令及びプライバシーポリシーに基づき、会員の個人情報保護に努めます。
  2. 当社の公式サイト以外にリンクしたサイトでは、当社のプライバシーポリシーが適用されません。リンクされたサイト及び購入商品やサービスを提供する第三者による個人情報の取扱いに関しては、当該サイト及び当該第三者のプライバシーポリシーを確認する責任は会員にあり、当社はこれに対して責任を負いません。

第18条(注文及び決済)

  1. 商品についての売買契約は、会員が、事業主が FOODNEKO(フードネコ)で提示した商品の販売条件(商品の内容及び種類、価格、決済手段、ポイント/割引クーポンの適用可否等)に応じて申込みの意思表示をし、これに対して事業主が承諾の意思表示をすることにより、会員と事業主の間で締結されます。
  2. 会員が FOODNEKO(フードネコ)を利用して事業主から商品を購入する場合、事業主が会員から商品の対価を請求する権利を有し、当社は、その対価を事業主を代理して受領する権限を受けた者であることを理解し、確認します。したがって、会員の当社に対する対価支払は会員の事業主に対する対価支払債務の弁済及び決済の意味を有します。会員の当社に対する支払は、終局的かつ取消不可能なものとします。
  3. 会員が FOODNEKO(フードネコ)を通さず、電話注文などで事業主に直接注文をする場合、当社は注文内訳およびキャンセル、払戻し、取引情報等に関して一切の責任を負いません。
  4. 当社は、アプリ内の代金支払方法として、クレジットカード決済等その他の決済手段等を提供することができます。
  5. 会員が注文を行う場合、住所、連絡先等のお届け先情報に関する正確な情報を記載するものとし、会員が入力した情報及びその情報に関して発生した責任と不利益は会員が負担します。
  6. 当社は、会員がアプリ内の注文・決済内訳がサービス画面を通じて確認できるよう措置するものとします。

第19条(配達等)

  1. 商品の配達など会員に対する事業主の義務履行は事業主の責任によって提供され、当社は注文情報の仲介を除くその他の責任(配達予想時間等)を負担しません。ただし、本約款に基づく配達代行サービスの特則が適用される場合は、この限りではありません。
  2. 事業主は、商品の配達を遂行するための送料を会員に賦課することができ、配達距離、配達時間、気象状態及び交通状況等によって異なるように定めることができます。かかる送料は、会員が商品を決済する前にご案内します。
  3. 事業主は、円滑な配達サービスのため、特定金額以下で少額を注文する会員に対し、追加金額を請求することができます。当該金額の設定などこの取り扱いの決定は、事業主の裁量と自律によります。
  4. 会員が FOODNEKO(フードネコ)を利用して事業主の商品配達サービスを利用する場合、事業主が会員から商品配達又は配達サービスの対価を請求する権利を有し、当社はその対価を事業主を代理して受領する権限を受けた者であることを理解し、確認します。したがって、会員の当社に対する対価支払は、会員の事業主に対する対価支払債務の弁済及び決済の意味を有します。会員の当社に対する支払は、終局的かつ取消不可能なものとします。
  5. 商品の注文及び配達に関連し、事業主と会員、配達代行業者、金融機関等の間に紛争等が発生した場合、関連当事者間で解決しなければならず、当社はこれに対していかなる責任も負いません。
  6. 配達費の取消・払戻しは第20条の規定を準用します。ただし、当社が認める特別な事情がない限り、商品と別途のキャンセル・返金は認められません。

第20条(取消・返金)

  1. 商品の取消・返金に関する規定は、関連法令を遵守します。本約款第18条に基づく利用契約の成立後、事業主の料理調理が始まって以降は、事業主に回復できない損害が発生するため、単純な心変わりによる契約の撤回などはできません。
  2. 当社及び事業主は、別途の取消及び返金に関する規定を定めることができ、この場合、別途契約及び利用条件上の取消及び返金規定が優先的に適用されます。
  3. 当社は、本約款第18条に基づく利用契約の成立後、会員が契約の申込みの撤回をし、これに対する事業主の承認がある場合又は商品品切れ等の事由により引渡し又は提供ができないことを認識した場合、遅滞なくその事由を会員に通知し、決済内訳を取り消し、又は代金を受け取っていた場合には返金に必要な措置をとります。
  4. キャンセルと返金は、事業主と確認後に処理され、クレジットカード決済はクレジットカード会社の返金基準に基づき処理が完了するのに日数がかかることがあります。

第21条(責任制限)

  1. 当社は事業主と会員間の商品取引を仲介するプラットフォームサービスを提供するのみであり、商品販売の当事者ではなく、商品について事業主が提供及び FOODNEKO(フードネコ)に掲示されたすべての情報、配送、瑕疵等に関する責任は、事業主にあります。
  2. 当社は、事業主が提供した情報、資料、事実の信頼度、正確性等、内容に関して責任を負いません。
  3. 当社は、天災地変又はこれに準ずる不可抗力によりサービスを提供できない場合、又は会員の帰責事由によるサービス利用障害については責任が免除されます。
  4. 当社は、会員及び事業主が掲載した利用レビュー、グルメ評価、写真等の情報資料事実の信頼度、正確性については責任を負いません。
  5. 当社は、会員がサービスを通じて得た資料による個別の損害に対して責任を負いません。
  6. 当社は、会員間又は会員と第三者間において、サービスを介して別途取引等を行った場合に対して、責任を負いません。
  7. 当社の役職員、そして代理人は、故意又は重大な過失がない限り、以下の発生損害に対して責任を負いません。
    1. 会員情報の虚偽又は不正確性に起因する損害
    2. サービスアクセス及び利用過程において、会員の帰責事由により発生する損害
    3. サーバーに対する第三者のすべての不法な接続又はサーバーの不法な利用から発生する損害及び第三者の不法行為を防止し、又は予防する過程において発生する損害
    4. 第三者がサービスを利用して不法に転送し、流布し、又は転送し、流布するようにしたすべてのウイルス、スパイウェアその他の悪性プログラムによる損害
  8. 当社は、本約款第19条第3項に定める追加金額についていかなる責任も負いません。ただし、当社が本約款第22条に基づき配達代行サービスを直接行う場合は例外とします。

第22条(配達代行サービスについての特則)

  1. 「配達代行サービス」とは、当社が事業主を代理して商品を事業主から会員に直接配達するサービスです。当社は、別途配達代行サービス関連契約を締結した事業主の商品に限り、配達代行サービスを遂行します。
  2. 当社は、配達代行サービスの特性を考慮し、利用可能時間、取扱いのできない商品等については、別途の運営ポリシーを通じてこれを定め、運用することができます。
  3. 当社は、配達代行サービスについて利用料金を請求することができ、配達商品、配達距離、配達時の交通状況、配達時間、配達者の受領状況等によって利用料金を別に定めることができます。ただし、課金される利用料金は事前に会員に案内します。
  4. 会員は、配達代行サービスが適用される商品について、商品と配達代行サービスの利用料金を区分して決済し、又は契約の申込みの撤回、返品、払戻しなどを要請することはできません。ただし、当社が認める場合に限り、返品、払戻し処理等を行うことができます。
  5. 当社は、配達代行サービスの提供に関して事業主から商品を受け取った後に、当社の帰責事由で発生した配達事故や商品の毀損等については、これに相応する責任を負担し、関連法規に従って円満な紛争解決を目指します。
  6. 当社は、配達代行サービス提供の際、配達予想時間、配達者情報等の関連情報を、会員に提供することができます。
  7. 当社が会員と数回連絡を試みたにもかかわらず、連絡が取れない場合又は会員が配達住所地を誤記載する等の理由で配達住所地が識別されずに配達ができない場合等において、配達商品が変質したり腐敗したりする恐れがあり、食品関連法律の内容に違反する余地があるときは、別途保管せず、再配達又は払い戻し処理が困難になることがあります。
  8. 会員は、次の各号の場合には、商品を受け取れなくても代金の支払義務または損害賠償金を負担します。
    1. 配達住所地を会員の過失により誤って登録し又は作成したとき。
    2. 会員と数回連絡を試みたが、連絡が取れない場合。
  9. 当社が本配達代行サービスに関する特則に従い、配達代行サービスを会員に提供する場合、円滑なサービスの提供のため、特定金額以下の小額を注文する会員に対して追加金額を請求することができます。当該金額と受取の取り扱いについては、当社の裁量と自律によります。

第23条(反社会的勢力の排除)

会員は、自らが反社会的勢力(下記で定義する)に該当せず、反社会的勢力との取引に関与していないことを宣言します。会員は、反社会的勢力との取引に従事してはなりません。会員が意図せず反社会的勢力との取引を行った場合、当社はいかなる責務の負担なく利用契約を直ちに解除し、終了することができます。「反社会的勢力」とは、次の者または団体を意味します。

  1. 組織暴力団、組織暴力団関係企業その他これに準ずる者
  2. 自ら又は第三者を利用して暴力的な要求行為、法的責任を超えた不当な要求行為、脅迫的な言動をし、暴力を使用する行為、虚偽のうわさを流布し、偽計を用いて相手方の信用を毀損し、又はその業務を妨害する行為その他上記に準ずる行為をする者

第24条(準拠法及び管轄裁判所)

  1. 本約款の解釈及び当社と会員との間の紛争については、日本の法律を適用します。
  2. 本約款に起因又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。